獣医と肥満について

<院長小話>

私たち獣医が太っていると

「お宅のワン君は、痩せさせなければだめだ」

とどうも言いにくい。苦笑

 

話は変わって、よく

「飼い犬は飼い主に似る」とはよく言うが、

似るかどうかはともかく、

飼い主の性格や家柄が伝わってくることはしばしばある。

 

例えば、名前。

先日若い獣医が往診を頼まれて出かけて行った。

病院へ帰ってきて「とんでもない犬だ」という。

聞くと

「チビ」という名であるのに30キロ以上もあったそうだ。笑

昔はチビだったそうで。。。

 

別のところでは「太郎」という猫の手術を頼まれた。

メスである。

こっちはオスだと思うじゃん!

 

また別のところでは

「先生」という名前の猫がいた。

病院で飼い主が「先生」という時

飼い主の目がどこを見ているかが返事のポイントになる。