料金・診療システム

動物救急は、夜間往診診療の為、診察料金は昼間の一般病院より若干高くなります。

お支払いは即日清算が原則となっておりますので、現金、クレジットカード等のご用意をお願いいたします。

 

■夜間動物救急往診診察料(税別)

●往診料 約10,000円
●診察料 約13,000円
●注射料 1,000円~5,000円(体重別)
●薬品料 500円(1種類~)
●血液検査 500円(1項目)~

(ただし、手術・入院や特殊な場合は上記の限りではありません。)


取り扱いクレジットカード
(VISA・マスター・JCB・アメリカンエキスプレス)
アニコム動物健康保険に対応しております。

 

診療システム

夜間動物救急は、まずお電話で動物の症状をお聞きし、救急診療が必要な場合にアニマル・ドクター・カー(往診専用車)でお宅の前まで駆けつけ往診車の中で診察・治療を行うシステムです。

1.ご連絡 受付時間(電話受付)午後8:00~午前3:00までです。
動物の種類、性別、年齢、去勢、避妊、病歴をお尋ねいたします。それから、今の症状をお聞かせください
 
2.往診 獣医師とお話いただき救急対応が必要と思われた場合、飼い主さんの同意のもとご自宅に往診いたします。
(私達は、軽症を含む全ての症状について往診を勧めることはいたしません。翌朝主治医に診ていただいて対応できる症例もたくさんあります。また、ご相談だけで安心される飼い主さんもおられます。)
 
3.診療 診察・治療は、アニマル・ドクター・カーの中で診察いたします。診察と共に容態や異変の原因、その後の指針をご説明致します。又、緊急を要する入院、手術など処置が必要な場合には、お預かりして動物救急本部にて行います。
 
4.経過報告 動物救急は各地域の提携病院と連携を取っています。
飼い主さんの掛かり付け病院が動物救急提携病院の場合、翌朝には主治医に治療内容が報告されています。
 
5.主治医 動物救急は、夜間往診のみの受付です。翌日以降は主治医の診察を受けてください。また、救急優先により伺う時間が前後する場合があります。

飼い主の居ない動物の治療及び保護は、ご連絡される方の責任でお願いします。

 

アニマルドクターカーの設備

ドクターカー01

車載の医療機器は共通の物もありますが車によって異なります。受付したお電話によって本部より、どの車をどこに向かうかを判断し、往診いたします。

カウンターショック
心電モニター
血液生化学検査機器
(フジドライケム)
酸素ボンベ
(麻酔に必要)
顕微鏡
折りたたみケージ
聴診器
犬猫尿道カテーテル
浣腸用カテーテル
超音波診断器
体重計
眼底鏡・耳鏡
血液中酸素濃度計
手術道具
体温計
注射器フルセット
救急薬品
(原則的に錠剤、予防薬、ワクチンは使用しない)
コンピューター
プリンター
保冷機
各種検査キット
パルボ検査
血糖値計測器
尿毒症
尿検査は試験ペーパーを使用
カーナビ
ストレッチャー
手術診療台
20Lの水タンク
排水用タンク
ギブス用セット
ネコ用セット
輸血セット
気管セット

ドクターカー02